高価買取の為に

市場が抱える悩みと今後の解決策

骨董品を趣味とする人は世界中の様々な地域に存在します。この日本でも骨董品は日々様々な場所で売買されています。しかしその多くはコピー品であり、この業界が抱える最大の悩みでもあります。古来より様々な骨董品が世の中に溢れていますが、それ以上にコピー品も作られています。近年では鑑定士ですら見抜けないほどのコピー品が出回り市場を混乱させています。これらコピー品は今後も市場に出回り続け、多くのコレクターたちの間で知らない間に取引され続けることとなりそうです。世界ではこうしたコピー品を取り締まる動きもあり、日本でも警察が骨董品のコピー品を取り締まっています。今後これらの取締りが強化され、業界がさらに活性化される見込みもあります。

買取を行う時に最も気をつけることとは

骨董品を買取する時に気をつけるのは傷の有無です。こうした美術品は小さな傷でその価値を大きく下げてしまいます。物によっては小さな傷で無価値にまでなってしまいます。たとえ見えない部分にある傷でも、それは骨董品の価値を大きく下げてしまうものなので注意が必要です。また、骨董品の付属品などがあれば、一緒に買取へ持ち込むようにしましょう。付属品の有無によっても査定金額は変わってきます。買取店によって、査定金額も変わってきますので、買取をしてもらうという場合には1つの店舗だけで決めてしまうのではなく、複数の店舗から比較するようにしましょう。そうすることで、最も高値で買取してもらうことが可能となります。